大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

尊いのは足の裏

仏教詩人、坂村真民さんの誌に

尊いのは足の裏である」がある。

 

尊いのは 頭でなく 手でなく 足の裏である

一生人に知られず

一生きたない処と接し

黙々として その努めを果たしてゆく

足の裏が教えるもの

しんみんよ 足の裏的な仕事をし

足の裏的な人間になれ
頭から 光が出る まだまだだめ

額から 光が出る まだまだいかん

足の裏から 光が出る

そのような方こそ 本当に偉い人である

南蔵院 涅槃像の足の裏 撮影Sさん

仏さまを礼拝するときは、五体投地といって体全体を地に投じて、仏さまの両御足の裏を自分の掌で受けて、額を足の甲につけて礼拝する。

まことに仏さまは足の裏から光明をはなっているのである。

 

 

私は毎日、健康法として横田老師が動画で教えている足の調身法を実践している。

すこぶる調子が良い。

朝だけでなく、できるところなら、いつでもどこでもやっている。

ただしやりすぎない。

痛くしないで、気持ちよいくらいにしている。

 

そのとき自分なりに工夫して、同時に感謝祝福行をしている。

足に視線を向け、足を意識してやるとよい。

①足首を回す 

「足ありがとう」と言ってからシリソワカをとなえつつ、足首を回す。

(私は右足首を回すときは、右手の親指と人示唆し指で足首を軽くもっておこなっている。左もそれに準じる)

 

②指まわし  

「小ゆび、ありがとう」といってからシリソワカをとなえながら指を回す。

以下、薬ゆびから親ゆびまで同じように行う。

 

③足の裏を指圧するとき

足の裏ありがとう、シリソワカといいながら適宜指圧

 

④足の裏をこする

動画にはないが、指圧のあとに、掌でかかとから、親ゆびの付け根あたり(母指球)

まで、シリソワカといいつつ、軽くこする。これを5回くらい。

次にかかとから、シリソワカをいいつつ、小指の付け根あたり(小指球)まで5回くらいこする。

 

足の裏を意識することが大事。とくに①かかと②母指球③小指球で立つことを意識する。

 

足を整えると全身に波及する。それは足が土台だからである。

そして、身が調うと、心も調う。

 

www.youtube.com

お知らせ

ご同行各位 シリソワカ
帰依三宝

本日から盂蘭盆大供養会です。

理趣経法と地蔵菩薩沐像作法を修し、お申込みの供養対象を一体一体お唱えしてご回向しています。

そのお名前はすべて仏様のお名前なのだと観じると、たいへんありがたく、明るく、軽く感じました。本来有する各自の仏さまが現れてきますね。

 

f:id:oomorigijyou:20240713213823j:image

◎施餓鬼供養関連

7月7日からの施餓鬼供養は本日7月13日に結願しました。

来週いっぱい、弘法大師稲荷大明神、鎮宅霊符神、諸天善神に、施餓鬼供養施主と逆修供養、永代供養施主、御同行各位の吉祥成就をお祈りします。

 

なお、7月21日の光明真言法で再度総供養します。

(結願のあとにくる21日の日に供養します。継続のかたも毎21日にご供養します。

なお、施餓鬼以外の祈願や供養は不用という方には、祈願や光明真言供養などはしませんので、御安心ください)

 

あわせて日々の勤行では金剛経と諸真言を読誦して、さらなるご回向と施主各位の滅罪を祈念しています。

 

継続の方は、7月14日からの施餓鬼供養でご供養をつづけます。

 

令和6年7月21日(日)からの施餓鬼供養の申込締め切りは7月17日(水)です。

水曜日をこえると、翌週の供養になりますからご注意ください。

(準備の都合で、締め切り守ってくれると助かります)

 

ご自身でなにか気になる方がいるならば、それはご供養の時期です。

施餓鬼供養については下記リンクをご参照ください。

 


施餓鬼供養の申し込みについて - 大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵





◎記念事業の逆修供養お申し込みの各位へ

もしも記念事業の逆修供養を頼んだ方が御逝去なされた場合は、当方にメールでご一報ください。

追って過去帳に戒名、没年月日などを記入し、そのまま永代供養の継続します。(ここでの逆修供養は、いわば生前から永代供養してることです)

 

なお6月頭までにご連絡いただいた分は全て記入しました。次回の記入は秋以降の予定になります。

 

現在、各位に写真で送付した、永代逆修の過去帳は完成し、御本堂に仮安置、ご供養しています。

もし御本堂で過去帳拝見を希望の方は、以前おくった過去帳写真にページ数が記されています。

それをご確認のうえ、当方にご一報ください。



f:id:oomorigijyou:20240616215051j:image

写真は先般ご供養のとき、回向壇に安置した過去帳(題字は後日記入します)

 

過去帳を納める特別注文のお位牌は製作中です。

完全手作りなのと、職人の不足で遅れております。もうしばらくお待ち下さい。

 

◎観音結縁伝授

観音結縁伝授、授戒伝授はともに8月まで満席なので、希望者は9月~12月の間でお申しこみください。

(信徒が受法資格です。つまり当方で十善戒をうけた方のみ伝授が受けられます。これを機会に信徒になることも可能です。信徒は条件があります。お問い合わせください)

 

 

◎当方のありかた

下記記事をご参照ください。

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

◎今後の行事予定

9月 秋季彼岸会開催

 

※6月の陀羅尼報恩会は陀羅尼吉祥会と合わせ「陀羅尼報恩吉祥会」として11月に開催する予定です。それにともない、11月の滅罪会はお休みする予定です。

 

以上よろしくお願いいたします。

仏縁尊しありがたし 合掌

 



地蔵菩薩沐像作法


f:id:oomorigijyou:20240713145009j:image

地蔵比丘、妙運大和尚筆の地蔵菩薩をかけて、その前で地蔵菩薩沐像作法を修しました。


f:id:oomorigijyou:20240713151222j:image

沐像作法はお大師様の秘蔵記にあり、一座行法のあとに修します。

以前には他宗の大徳にも随分伝授いたしました。

 

今日は理趣経法を拝んだあと、この作法を拝んで盂蘭盆大供養のご回向をしました。

 

灌仏会に使う灌仏盆に香水(浄水に香を入れたもの)を入れて拝みます、供物台を2台合わせて臨時の壇にしました。

 

不思議と

大森先生シリソワカ

先日は授戒伝授、観音菩薩結縁伝授を頂きありがとうございました。

お授け頂いた延三七歳大事、観音結縁伝授の法も朝晩 毎日させて頂いております。

 

また滅罪法、敬愛法、不動明王守護法、盂蘭盆会も毎日させて頂いておりますが、

伝授頂いたからかよりスムーズに進んでいるような感じです。

 

また、義伯母が下血が止まらず主治医に近々なので覚悟しておいて下さいと言われたようです。年齢も九十代半ばですし、いよいよかなと皆が思っていましたが、延三七歳大事をさせて頂いてから、不思議と落ち着いたようで、主治医からもこの夏が越せるかどうかというように表現が曖昧になったようです。

 

在家で密教の伝授を頂けるとは思っていなかったところ、こんなに功徳ある法を授けて頂き、大変に感謝しております。これからも折角授けて頂いた深秘で有難い御法を大事にして、続けていきたいと思います。

今後ともご指導の程宜しくお願い致します。


f:id:oomorigijyou:20240712130149j:image