大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

報恩会

施餓鬼供養の功徳その157

大森義成先生 お世話になっております。○○○○と申します。このたびは施餓鬼供養をありがとうございました。 聖天様への朝夕の礼拝とともに、朝に施餓鬼供養、夜に陀羅尼報恩会を行っておりました。 以前、先生にも苦しさをお聴きいただいた今の職場に退職を願…

いただいたご利益

大森先生 以前いただいたご利益をご報告致します。 十年ぶり位に、兄から連絡がありました。 飲食店の経営に失敗し、大きな借金を作って離婚。自殺まで考えていたらしく、 両親は退職金を使って肩代わりをしましたが、また借金を作り、最終的に自己破産した…

秘密故

陀羅尼は意味が分からないから心の深いところに影響するのです。 まさに、この方が体験した通りです五種不翻と言って、経典の中に梵語から翻訳しないでそのまま音写を用いるもの(例 般若、菩提など)に5種類の理由があります。陀羅尼は、その中の秘密故にあ…

報恩感謝の響き

この方の報恩感謝の功徳が弟さんに響いたのでしょう。どんなことでもそうですが、他人を変えたり動かそうとするのではなく、自分が修行の功徳を積んで、それが自然にご縁のある方々に伝わっていくということが一番望ましいと思います。相手を変えようすると…

6月陀羅尼報恩会の感想その32

様々な体験はそのあとにどういう気づきが伴うかです。 好相だと感じてもそこにとらわれることなく、信仰をふかめることが 最も大切なことです。 弘法大師は求聞持法の修行の後、世間の名利にたいする執着がなくなったと三教指帰にのべています。そしてますま…

6月陀羅尼報恩会の感想その31

感謝をしていると自分自身が様々なご縁に導かれ支えられているということに気がつきます。 ここから頂いたメール 大森先生 こんばんは、○○です。 お世話になっております。 お礼をお伝えするのが遅くなりました。 この度は陀羅尼報恩会に参加させて頂き、あ…

6月陀羅尼報恩会の感想その30

大森先生 いつもありがとうございます! 滅罪会と陀羅尼報恩会を合わせて続けています。懺悔と感謝のお次第を頂いたことで、困ったことや気持ちが彷徨うことがあっても、平常心やゼロに戻ることができるようになったように思えます。 本当にいつも有難うござ…

6月陀羅尼報恩会の感想その29

大森先生 先日は陀羅尼報恩会のご縁を頂き、ありがとうございました。 期間中、次第通りに勤めさせて頂きまして、何か「安心感」のようなもの、を少しだけ感じることができた、と思います。 (報恩感謝の行をしているわけですから、そこで不安になったり、焦…

6月陀羅尼報恩会の感想その28

大森先生いつもありがとうございます。この度の陀羅尼報恩会もお世話になりありがとうございました。 今回思い感じましたたことは、感謝すること自体も重ねて行くことによって深くなっていくのだなという、一見当たり前のことですがそれが修行を進めるにつれ…

6月陀羅尼報恩会の感想その27

大森義成 様 こんにちは いつもお世話になっております。 陀羅尼報恩会に参加させていただき、 ありがとうございました。「感謝」という言葉は、日常で当たり前に使われていますが、なんだか見返りが強いように思っていました。 「やってあげたから感謝して…

6月陀羅尼報恩会の感想その26

こんにちは。 ○○○○です。 少し遅くなりました報恩陀羅尼会の感想を記させていたたぎます。 今回の報恩陀羅尼会には早めに申込みましたが実際に修行を始めたのは6月5日からです。 けれど早くから初められている大森先生や同行の方々の日々の修行による法界力…

6月陀羅尼報恩会の感想その25

真言陀羅尼は独自のリズムを持っています。 それが心の深いところまで影響するのです。 ここから頂いたメール 大森先生 こんばんは。 徳島の○○です。 いつもありがとうございます。 毎回お手数をおかけしてすみません。 遅くなりましたが、陀羅尼報恩会の感…

6月陀羅尼報恩会の感想その24

ご多忙中、誠に恐れ入ります。いつもお世話になっております、神奈川県○○○○と申します。 陀羅尼報恩会もありがとうございました。 初めてご参加させて頂き、お次第をお唱えしてる際、《令 ○○○○》のあとから《有難い有難い》という気持ちが湧き出るような感じ…

6月陀羅尼報恩会の感想その23

大森義成先生 こんばんは。陀羅尼報恩会、施餓鬼供養ありがとうございます。 陀羅尼報恩会は楽しく、お次第も気持ち良くお唱えすることが出来ました。 また、お次第に本当に感謝したい対象を選ぶ事とありましたが、わたしの成長、人生のためになった対象、損…

6月陀羅尼報恩会の感想その22

この方は様々な宗教を遍歴されておりますが巡り巡ってまた准胝観音様とご縁をいただいたということです。 様々な遍歴も今に至るまでのひとつのプロセスだったわけですよね。 一切皆苦はお釈迦様が説いた真理です。 私たちが生きる上で常に順風満帆というわけ…

6月陀羅尼報恩会の感想その21

この方の場合は、夢に亡くなられたかたが出てきました。 それは今、安らかになっているということを意味しています。 介護するというのは実は介護されている。つまり亡くなられたから守護されていることなのです。 夢に出てくる登場人物の視点で解釈します。…

お稲荷さんの白猫ちゃん

大森先生 いつもお世話になっております、滋賀県の○○です。 日々、blog拝読しております。いつも有難い気付きをいただきましてありがとうございます。 そして先日の尊勝陀羅尼報恩会の修行、この場をかりてお礼申し上げます。 次第を戴いて直ぐの頃は辿々し…

6月陀羅尼報恩会の感想その20

大森先生 お世話になります。遅くなり恐縮ですが、陀羅尼報恩会に参加させていただき、ありがとうございました。 ご縁のある仏天ご眷属様、お世話になった方々を思い直し、多くの存在に支えられている事を改めて実感し感謝致しました。 准胝様の息災真言を家…

6月陀羅尼報恩会の感想その19

大森先生 日頃のご指導ありがとうございます。 尊勝陀羅尼がただありがたく、朝は一遍ですが夕方は心ゆくまで唱えさせて頂いております。同じ繰り返しのようでいて、発音が微妙に違ったり、唱えていると他のことを考える余裕がなくなります。そして何か美し…

6月陀羅尼報恩会の感想その18

これから外のお参りには、ハチやアブなど虫に気を付けた方がいいですね。私も山に行くときは虫除けと虫刺されの薬を必ず持参しています。 毛虫などはまず洗うことが先決ですが山に水がないことがあるので注意ですね! ここから頂いたメール 善龍庵 大森先生 …

6月陀羅尼報恩会の感想その16

大森義成 様 こんにちは。東京都○○○○です。 この度は陀羅尼報恩会に参加させて頂き有難う御座いました。 次第を頂いたときは御真言の長さに気後れしましたが、毎日練習したので、開白の日までにはなんとか唱えることができるようになりました。 衆生恩感謝行…

6月陀羅尼報恩会の感想その15

いつもお世話になっております、茨城県の○○です。 ご報告が遅くなりましたが、この度の陀羅尼報恩会の修行も無事に終えることが出来ました。 いつもながら修法していただき本当にありがとうございます m(_ _)m 次第をいただき早速拝みましたところ、翌朝に不…

6月陀羅尼報恩会の感想その14

大森先生いつもお世話になっております。陀羅尼報恩会の結願ありがとうございました。今回の報恩会では、神仏をはじめとして自分がいかに多くの存在から助けられ支えられて生かされていることを再認識する機会となりました。ありがとうございました。今後も…

6月陀羅尼報恩会の感想その13

大森先生おはようございます。陀羅尼報恩会厳修下さいまして誠にありがとうございました。 御礼のご連絡が遅くなりました。 今回は、滅罪会とセットで行って行きました。 滅罪会の時より次から次へと滅罪が沸き上がって参りまして3日過ぎても自分の中で区切…

6月陀羅尼報恩会の感想その12

大森先生 この度は陀羅尼報恩会を執り行っていただき誠にありがとうございました。ただひたすら感謝を捧げていく行はとても楽しく、心が穏やかになりました。また報恩会の翌日、思いがけず臨時収入がありましたので、これも神仏のお導きとありがたく思ってお…

6月陀羅尼報恩会の感想その10

こんにちは。いつもお世話になっております。○○です。 このたびの報恩供養会の感謝を申し上げます。誠にありがとうございました。 離れた郷里にしばらく帰れず寂しい時期を過ごしていますがおかげさまでしばらく参拝できてない懐かしい神社仏閣に報恩の機会…

6月陀羅尼報恩会の感想その9

この方は修行していると強い怒りに悩まされたと書いてありますが、こういうことは実はよくあります。 これは修行の内容と自分自身の今までを比較してしまうということから来ます。いわゆるギャップに戸惑ってしまっているのです。 あるいは自分の心の清らか…

6月陀羅尼報恩会の感想その8

私たちは全てのご縁に支えられ生かされていることに気づき、感謝することが大切です。 精神修養の大家として有名であった橋本徹馬先生は、「あらゆるものに感謝できるようになれば天下無敵である」と説かれておりました。 それだけ感謝というのは難しいので…

6月陀羅尼報恩会の感想その7

祝福とともに目覚め 感謝と共に眠る 私は朝起きたらまず自分自身を祝福し、ついで周囲にあるものや家族や修行者施主各位を祝福しております。 寝る時には神仏を始め、家族や修行者施主各位に感謝し、布団や周囲にあるものに感謝し、最後に自分自身に感謝して…

6月陀羅尼報恩会の感想その6

純粋にありがたいと感じるようになるには、まずは報恩謝徳の修行を続けることです。 普段感謝を意識していない場合は、ある程度修行が必要なのです。 信仰が進んでいくとそれが呼び水になって心の底からの感謝の気持ちが起こるときがあります。 感謝は日々の…