大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

報恩会

6月陀羅尼報恩会の感想その20

大森先生 いつもありがとうございます。 この度は陀羅尼報恩会にご同行させていただきありがとうございました。 陀羅尼報恩会の供養法は私にとって、とても新鮮でした。これまで考えてこなかった『報恩謝徳』について向き合うことができ、今までになく心穏や…

6月陀羅尼報恩会の感想その19

大森義成先生◎◎◎◎と申します。先日の陀羅尼報恩会に参加させて頂き、私も無事に全日程お勤めする事が出来ました。大好きな神仏と人達の名前ばかり読み上げるこの法要は、個人的にとても楽しく行え、また感謝の気持ちを深めるものになりました。恐縮ながら、…

6月陀羅尼報恩会の感想その18

大森義成 先生 こんばんは。 千葉県の〇〇です。 昨日まで、陀羅尼報恩会を修していただきまして、 誠にありがとうございました。 また、伏見稲荷山での私たち修行者への吉祥成就の御祈願を賜り、 大変有難く存じます。ありがとうございます。 ネコちゃん可…

6月陀羅尼報恩会の感想その17

こんばんは。 いつもお世話になっております、●●です。 先日は報恩感謝の修行を結願して頂き誠にありがとうございました。 私は数年前までは、週末に参拝を兼ねて遠出や小旅行をするのが楽しみで働いていたものですが、今は体調の問題もあり、あまり遠出がで…

6月陀羅尼報恩会の感想その16

大森 義成 先生 約2年前に病気が見つかり大きな手術をしました。それまでは生活のため、一生懸命働いてきました。自分に難があるのもわかるのですが、職場でも家庭でも人間関係がキツくて、気が狂ってしまうのではないかと思ったり、体調不良で起き上がれな…

6月陀羅尼報恩会の感想その15

大森 義成 先生 いつもお世話になりありがとうございます。 先日は報恩会の修行をありがとうございました。 お次第を頂いて期間に先立って修行を始めてから、頻繁に、神仏や過去にお世話になった方々、両親、兄弟、子供や親類など、大勢の事が、ありがたいあ…

6月陀羅尼報恩会の感想その14

陀羅尼報恩会ありがとうございました。 3日間以外にも、次第に従い、取り組んでいましたが、指定された3日間は、長い仏頂尊勝陀羅尼も、スムーズに唱えられた様な気がします。これがご同行の法界力というものでしょうか。 皆様にも感謝いたします 令和4年…

6月陀羅尼報恩会の感想その13

大森義成先生 こんにちは。奈良市の○○でございます。この度の陀羅尼報恩会も、無事に結願を迎えました。大森先生、ご同行の皆様ありがとうございます。 先日、父のお墓参りに行って参りました。お寺は老朽化が進んでおり、昨年から所々工事をされていました…

6月陀羅尼報恩会の感想その12

おはよう御座います。福岡の○○です。いつもお世話にになっております。先日は陀羅尼報恩会の厳修有難う御座います。盂蘭盆会の申し込みを希望致しますので申し込み要項のご送付をお願い致します。 この度初めての陀羅尼報恩会の修行でしたが、3日目に感謝行…

6月陀羅尼報恩会の感想その11

大森義成 先生 いつもご指導いただきありがとうございます。大阪府の○○です。 先日の伝授ではお世話になりました。あれから毎日コツコツと続けられております。ありがとうございました。 また陀羅尼報恩会も昨日で無事終えることができました。恥ずかしなが…

6月陀羅尼報恩会の感想その9

大森義成先生こんにちは。東京都の◎◎◎◎でございます。この度は陀羅尼報恩会をありがとうございました。御同行皆様の感想と同じく陀羅尼報恩会の修行はとても明るく優しい気持ちになれ、仏頂尊勝陀羅尼をずっと御唱えしていたい。と御唱えしながら思いました…

6月陀羅尼報恩会の感想その8

大森先生 お世話になります。 大阪の◎◎◎◎です。 この度は報恩会にご同行させて頂きましてありがとうございました。 途中の相談にもご丁寧にお答え頂き大変助かりました。 初めての参加でしたが、今回お次第を頂いてからすぐに始めさせて頂きました。 お次第…

6月陀羅尼報恩会の感想その7

善龍庵大森義成先生前略、いつもおせわになっております。このたびは、陀羅尼報恩会を厳修いただきまことにありがとうございました。おかげさまで、自宅での実修も無事結願となりました。ご本尊様、先生および御同行の皆様に篤く御礼を申し上げます。昨年6…

6月陀羅尼報恩会の感想その6

善龍庵大森義成先生 こんにちは。お世話になっております、名古屋市の〇〇です。6月はお施餓鬼と陀羅尼報恩会と修行させていただき、誠にありがとうございます。本当にたくさん色々な気づきや出来事がありました。今は『稲荷百話』を拝読しております。(な…

6月陀羅尼報恩会結願

仏縁尊しありがたし 本日、陀羅尼報恩会が結願しました。 それぞれに応じて気づきがあったことでしょう。 あるいは、これから気づきがおこるかもしれません。 真言陀羅尼は無意識を動かしますので、ゆっくりと、忘れたころに 実感することも多々あります。 …

6月陀羅尼報恩会の感想その5

報恩感謝と祝福は信仰の極意であると、私は考えています。 これが素直にできると、信仰が深まっているといっても過言ではありません。 もちろん、さまざまな事情で、素直にできないときもあります。 その時は、それを認めてシリソワカです。 そして、意識的…

6月陀羅尼報恩会の感想その4

たいへんな立場にあるとき、御恩のある神仏や守護霊、ご先祖など報恩の修行をしてつながると、多くの存在が自分を支えているのに気づくでしょう。 ここからいただいた感想 大森先生、お世話になっております名古屋の〇〇です。 修行法送って頂いてから、今日…

6月陀羅尼報恩会の感想その3

よく工夫されていますね! ここからいただいたメール 大森先生 いつもお世話になっております。 神奈川県横浜市在住の◎◎◎◎と申します。 一昨日から陀羅尼報恩会の修行を始めさせて頂きましたが、どうにも上手くいきませんでした。 仏頂尊勝陀羅尼を唱えるの…

東寺御影堂参拝

陀羅尼報恩会の前行として東寺御影堂に参拝。 佛頂尊勝陀羅尼を唱えて今回の陀羅尼報恩会の修行者、代理修行者、現在の施主各位の報恩謝徳、滅罪生善、修行成就を御祈念しました。 弘法大師様にご法楽 不動明王様にご祈念 願海阿闍梨建立の佛頂尊勝陀羅尼の…

6月陀羅尼報恩会の感想その2

大森様 いつもお世話になっております。 ◎◎でございます。 お礼が遅れて申し訳ございません。 お次第を頂いてから拝ませて頂いております。 さて、仕事から帰り先ほども拝ませて頂きました。 その際、衆生恩感謝行の段階にきたタイミングで、いつもは別紙に…

陀羅尼報恩会開白

仏縁尊しありがたし 本日から陀羅尼報恩会です。 お世話になっている方々を出来るだけ思い出しましょう。忘れている方もいるかもしれません。 そこに意識を持って行くとお世話になっている方々と繋がることができます。 そして、それらの方々か、日々あなた…

6月陀羅尼報恩会 本日19時締め切り

追記 締め切りました。多数のご参加ありがとうございます。 6月陀羅尼報恩会のご案内 - 大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

再掲 6月陀羅尼報恩会のご案内

6月陀羅尼報恩会のご案内 申し込み締め切りは6月14日火曜日の19時です。 6月陀羅尼報恩会のご案内 - 大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

6月陀羅尼報恩会の感想その1

大森義成先生陀羅尼報恩会に申し込みさせて頂いた後、早速毎日修行しております。長い仏頂尊勝陀羅尼が不思議と全く苦にならず、むしろ心地良さを感じながらお唱えさせて頂いております。衆生恩感謝行では、大好きな方々のお名前を書き出していきました。す…

施餓鬼供養と慈悲の心

信のもつ意義の一つに愛楽 (あいぎょう)の義がある。これは慈悲心が生まれることだ。 供養や修行を通じて信が深まると、それに応じて慈悲の心が生まれるのである。 施餓鬼供養は苦しむ餓鬼を救済する慈悲の修行である。それをこころがけると、自ずと慈悲心が…

施餓鬼供養の功徳その157

大森義成先生 お世話になっております。○○○○と申します。このたびは施餓鬼供養をありがとうございました。 聖天様への朝夕の礼拝とともに、朝に施餓鬼供養、夜に陀羅尼報恩会を行っておりました。 以前、先生にも苦しさをお聴きいただいた今の職場に退職を願…

いただいたご利益

大森先生 以前いただいたご利益をご報告致します。 十年ぶり位に、兄から連絡がありました。 飲食店の経営に失敗し、大きな借金を作って離婚。自殺まで考えていたらしく、 両親は退職金を使って肩代わりをしましたが、また借金を作り、最終的に自己破産した…

秘密故

陀羅尼は意味が分からないから心の深いところに影響するのです。 まさに、この方が体験した通りです五種不翻と言って、経典の中に梵語から翻訳しないでそのまま音写を用いるもの(例 般若、菩提など)に5種類の理由があります。陀羅尼は、その中の秘密故にあ…

報恩感謝の響き

この方の報恩感謝の功徳が弟さんに響いたのでしょう。どんなことでもそうですが、他人を変えたり動かそうとするのではなく、自分が修行の功徳を積んで、それが自然にご縁のある方々に伝わっていくということが一番望ましいと思います。相手を変えようすると…

6月陀羅尼報恩会の感想その32

様々な体験はそのあとにどういう気づきが伴うかです。 好相だと感じてもそこにとらわれることなく、信仰をふかめることが 最も大切なことです。 弘法大師は求聞持法の修行の後、世間の名利にたいする執着がなくなったと三教指帰にのべています。そしてますま…