大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔、供養、祝福、報恩 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

施餓鬼供養の由来 1


f:id:oomorigijyou:20190824190406j:image

写真は中国の施餓鬼供養の次第『瑜伽焔口』

 

 

施餓鬼(せがき)供養の由来は、 『仏説救抜焔口餓鬼陀羅尼経(ぶっせつ くばつ えんくがき だらにきょう)』 に説かれている。

 

あるとき、お釈迦さまの弟子、多聞第一の阿難尊者が一人で静かな場所に座り、お釈迦さまから授かった教えを念じ深めている時のこと。

 

夜もおそく更けたころ「焔口(えんく)」という名の餓鬼が、突然阿難尊者のまえにあらわれた(面燃餓鬼経では面燃という名の餓鬼)。

 

身は醜くやせ細り、口からは火を吹き、喉は針の先のように細く、頭髪はよもぎのように乱れ、爪や牙が細く鋭利で恐ろしい姿だった。 

 

餓鬼は阿難の前に座り、そして次のようにいった。  

 

「阿難よ、お前の寿命はあと三日で尽きる。死んだ後は餓鬼となるだろう」  

おどろいた阿難は餓鬼に「どうしたら、その苦をのがれることができるのか」 と尋ねた。

 

すると餓鬼は「明日のうちに、無数(百千那由他恒河沙数というからガンジス川の砂の数ほど)の餓鬼と百千のバラモン(司祭者)と仙人などに、マカダ国で使うマスでおのおの一斛(いっこく)の飯食をお布施して、私のために仏法僧の三宝を供養すればその功徳でお前は寿命が増えるであろう。そして私は餓鬼の苦を離れ、天上に生まれることができるだろう」と告げた。

 

阿難尊者はこの餓鬼の恐ろしい姿を見て、さらに突拍子もない話を聞いて身の毛もよだつほど恐れおののいて、そこを離れ急いで、お釈迦さまのところに向かったのだった。

施餓鬼供養の由来 2につづく

 

 

大森義成に施餓鬼供養を依頼希望のかたは下記アドレスまでメールください。詳しい要項を送ります。

当庵では七座にわたりご供養し、あわせて尊勝陀羅尼をとなえて施主の滅罪生善を祈念します。

なお、施餓鬼供養に関すること以外はお返事できませんので悪しからずご了承ください。

 oomorigijyou-segaki@yahoo.co.jp

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

oomorigijyou.hatenablog.com