大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

口に真言の出るときは

「口に真言の出(いず)るときは、神仏のご催促と心得て、夢(ゆめ)油断すべからず」

これは毘沙門天や弁財天のおとなえの中の一節。

 

日常生活のなかで、ふと口に真言がでてくることがある。これは神仏からのごさいそくである。

何か気をつけることはないか?

自分の心がけはどうか?

功徳を積んで、悪を退けているか?

御供養は行き届いているか?

など、よく内外を観察する必要がある。

 

浅草寺の元貫主、故清水谷恭順大僧正は、海辺でふと施餓鬼の真言がでたとき、餓鬼が供養を望んでいると感じ、それにまつわる不思議な体験がある。以下のリンク参照。

https://oomorigijyou.hatenablog.com/entry/2019/08/21/202832

 

 

同様に、よく、ご供養しているときや何気ない話をしているときに、故人で気になるかたが浮かんでくる。それは、施餓鬼供養を望んでいるのだと私は考えている。

 

施餓鬼供養されている施主のかたからも、同様のご報告をよくいただく。

 

私たちは無意識のうちに、神仏やご先祖など目に見えない世界から、メッセージをもらっているのだ。それに気づく心を養おう。

 

予告

12月29日から31日までの三日間、

「報恩謝徳  万霊総供養会(ばんれい そうくようえ)」を行います。

 

一年間のご供養の締めくくりとして、光明真言法を修法して、三界万霊を初め、先祖代々、有縁無縁などの総供養をおこない、仏恩報謝(ぶっとんほうしゃ)の回向をします。

 

詳細は12月頭にお知らせします。合掌

 


f:id:oomorigijyou:20191117095940j:image