大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

お知らせ

仏縁尊しありがたし

 

施餓鬼供養関連

 

10月10日からの施餓鬼供養は本日結願しました。

継続の方は引き続きご供養いたします。

明日からの施餓鬼供養の施主各位には、金曜日に自宅での供養法メールで送ってあります。

必ず内容を確認してもしも誤りがありましたならば本日中にご連絡ください。

 

陀羅尼吉祥会関連

10月18日から三日間行われる陀羅尼吉祥会、

お申し込み完了の方には自宅での修行法をメールで折り返し送っております。

申し込み要項を参照の上、手続きを踏んで申し込みを完了されたにも関わらず修行法が送られていない方は。お手数ですが至急ご連絡お願い致します。

この修行法は既に始めて頂いて構いません。

また10月20日以降、来年の陀羅尼報恩会まで続けていて大丈夫です。

 

吉祥成就合掌礼拝


f:id:oomorigijyou:20211016204812j:image

 

9月秋季彼岸会の感想その15

 
大森先生

こんにちは。

遅くなりましたが、秋季彼岸会ではお世話になり、ありがとうございました。
9月21日に実家の菩提寺の納骨堂にお参りしましたが、他に誰もいない納骨堂で落ち着いてお経を読むことが出来ました。


お線香の煙が一筋、す〜っと真っ直ぐ上に上って行く光景がとても印象的で、私のお経が煙に乗ってご先祖様方に届いたような気がします。
大森先生、至らない私の御供養を陰で支えて下さり、ありがとうございました。

 

それと。
守護霊様への感謝行も毎日続けています。
9月16日のブログに、ご主人との会話がまろやかになった方の記事が載っていましたね。
うちで感じたのは「夫の存在が(以前ほど)邪魔にならなくなった」ことです(笑)。


こんなご時世で夫の在宅時間が増え、「どこかに出かけてくれかいかな、場所塞ぎだわー、あー、鬱陶しい…」とストレスに感じることもしばしばでした。それがほとんど気にならなくなったのです。

 

私にとっては精神衛生上とてもありがたいことと、シリソワカの効果に大変驚いています。もしかしたら、今回の秋季彼岸会で初めて「夫側のご先祖様への供養」をさせていただいたおかげもあるかもしれません。

 

宝篋印准胝略懺法や守護霊様へのお礼のお祈り、日々の暮らしを安穏に送る修行法を教えていただき感謝しております。今後ともご指導よろしくお願いいたします。
お世話になり、ありがとうございます。


f:id:oomorigijyou:20211016135630j:image

 

9月秋季彼岸会の感想その14

 
大森先生 


先日の彼岸会供養でもお世話になりました。


彼岸会供養をお願いして以降、普段参拝する浅草寺で、宝篋印塔にも参拝するようになりました。
由来がわかるとそれを踏まえてお詣りできるので、先生や羽田先生のブログは大変参考になります。


お彼岸にはちょうどコロナ感染者も落ち着いてきたので、帰省して両親宅のお墓参りもすることができました。


帰省中は供養がなかなか思うようにできませんでしたが、こっそり行っているのを、普段やんちゃ坊主の猫が不思議そうに見ていました。


供養文や真言を唱えることで心が凪ぐのを実感していますが、日常ではまだまだ悪業を積みがちな未熟者ですので引き続き施餓鬼供養も定期的に続けていきたいと思っています。

 


コロナ禍で人と集まる機会はほとんどなくなりましたが、それでもこうやってご供養などでご同行の方がたくさんいらっしゃることが分かると、過度な不安や孤独を感じることもなく、むしろ満たされた気持ちになります。
これも日々、大森先生が修行や供養を欠かさず行なってくださっているおかげです。


いつもありがとうございます。


またお世話になりますが、どうぞよろしくお願いいたします。


合掌


f:id:oomorigijyou:20211016072131j:image

 

 

陀羅尼吉祥会の感想その1

すでに修行されているかたから、次のメールを頂きました。

さっそく功徳を授かりましたね。

祝福するものは祝福されます。

まずは私からです。

三力加持も我が功徳力からはじまります。まずは自らが修めないと、如来加持力、法界力も感応しません。

 

ここから頂いたメール。

 
大森先生


こんにちは。


昨夜、おっ?!と思うことがありましたので、ご報告です!

 


珍しく、兄から母に電話が掛かってきました。
母から兄に電話をすることがあっても、兄から母に電話をすることは殆どありませんでした。


何となく電話の様子を伺ってると、体調が悪かったらしく、あぁ嫌な話かなと思ってたら、大変だったけどだいぶ良くなったらしく、母もほっとしている様子でした。
あとは最近の仕事の話や自宅の様子や同じアパートの人との関わりの話などいろいろ話をしてて、和やかな感じで電話を終えていました。


電話を切ったあと、母が
『またお母さんのところに顔出しにいくね。○と、○の娘によろしく!』って言ってたよと。


今まで、「よろしく」なんて兄から聞いたことが無くて、母と珍しいねー!元気になったねー!と喜びました。

 


そう言えば、陀羅尼吉祥会を始めさせて頂いておりますが、兄にもシリソワカをするようになったからかなと、先程気づきました。
そして、兄は正直ずっとずっと苦手で、関わりたくない存在でしたが
引きこもっていた兄を排除しようとしていたことに対しても、最近懺悔を始めていたところでした。


祝福する者は祝福される。


本当にそうだなぁと感じた出来事でした。


これもまた大森先生、御同行の皆さまのお力添えのお陰です。
いつも有難うございます!

 


f:id:oomorigijyou:20211015165952j:image

陀羅尼吉祥会の申し込み締切りは本日です。締切り後は受け付けません。

 

吉祥成就

シリソワカ(吉祥成就)は災い転じて福となす功徳あり。そして福を増す力がある。

 

 

真言宗では節分に星祭りを行う。

星祭りには大まかに言うと2種類あり、1年ごとに星が変わる当年星供(属星供)と生まれた時の干支で決められる本命星供がある。

 

2月の節分に行われるのは当年星供が多い。

当年星は九曜星と言ってここのつある。

巡ってくる星によってその年の運期が左右される。

羅喉星や計都星、火曜星と言った黒星で表される星は、悪い運期を主っている。

そこでこれらの星を供養して悪い運期を免れ、福を招くのが星祭り(星供)である。

 

そのとき様々の星の真言を唱えるのだが、

たとえば

羅喉星御真言

オン ラゴ シリ ソワカ

計都星の御真言

オン ケイト シリ ソワカ

というように星の名前に、

シリソワカを付けることによって、不祥なものが吉祥なものに変わるのだ。

 

シリソワカは吉祥成就と訳される。

 

そして悪い星だけではなく善い星(白星)の真言にもシリソワカをつけて唱える。

たとえば

月曜星

オン ソマ シリソワカ

 

これで、善事がますます盛んになる。威光は増大する。

 

これを応用したのが吉祥成就の祝福である。

陀羅尼吉祥会はこれを集中的に行って、祝福の意識を高め、神仏をはじめ自分自身や縁のある方々、環境などへのいたずらな恐れや罪悪感を取り除き、福徳を増強するということを目指している。

 


f:id:oomorigijyou:20211015091929j:image

南無大聖歓喜天王シリソワカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稲荷山参拝の感想その5

 
大森義成 先生

 

お世話になります。

先日、施餓鬼供養をお世話になりました。

 

陀羅尼吉祥会の申し込み要領を希望いたします。

 

私は、京都市在住で、住居上、伏見稲荷大社の氏子なのですが、最近は参拝しても本殿まででした。

昨年などは、コロナ禍のため参拝も遠慮してしまいました。

 

先月23日、お彼岸で大阪・四天王寺に参拝後、立ち寄った本屋さんで、先生が紹介しておられた

「お稲荷さんと霊能者」を1冊だけ残っていたのを見つけ、すぐさま購入しました。

 

興味深く拝読し、「これは是非とも稲荷大社を参拝せねば」と思い、翌日、参拝させて頂きました。

お山も、おそらく10年ぶり位に回らせて頂きました。

 

以前は、お山にお社がいっぱいあるなあ、くらいにしか思っていませんでしたが、本を紹介して

頂いたお陰で、何故、お社(お塚)がたくさんあるのか、一般に稲荷大社は商売の神様とされていますが、

それだけではない、多くの人の想いがあって、出来ているのだな、と初めて知りました。

 

良い御本を紹介して頂きありがとうございました。

今後、稲荷大社を参拝する際も、以前と違った思いで参拝できそうです。

 

ちなみに、先生や読者の方が紹介されていた、「稲荷山の団扇」、私も見ました。

私は買いませんでしたが。 (^_^;)

 

コロナ禍の前の数年間は、外国からの観光客も多く、千本鳥居の前の石段辺りからすごい行列が出来ていましたが、24日は平日ということもあり、落ち着いてお山巡りが出来ました。

 

観光から始めて、信仰に入る事もあるでしょうから、たくさんの人が来ることはいいことだとは思いますが、やっぱり、ゆっくりお参りしたいですね。

 

大森先生と皆様のご多幸をお祈りいたします。

 


f:id:oomorigijyou:20211015064703j:image

 

陀羅尼吉祥会の申し込み締め切りは本日です。

締め切り厳守。

千葉妙見参拝


陀羅尼吉祥会の前行として千葉妙見に参拝。

ここは昔はお寺だったが明治の廃仏毀釈で神社になった。

理趣経百字の偈、尊勝陀羅尼、宝篋印陀羅尼、光明真言、妙見真言、仏慈護真言を念誦して修行者並びに代理修行者各位の吉祥成就をご祈念しました。


f:id:oomorigijyou:20211014114652j:image

七五三のご祈祷を受けるお参りが多かったです。


f:id:oomorigijyou:20211014114705j:image


f:id:oomorigijyou:20211014114724j:image


f:id:oomorigijyou:20211014114739j:image


f:id:oomorigijyou:20211014114821j:image

この手水鉢は寺院の時の唯一の遺構である


f:id:oomorigijyou:20211014114836j:image


f:id:oomorigijyou:20211014114848j:image


f:id:oomorigijyou:20211014114905j:image

近くの公園は大日寺跡である。


f:id:oomorigijyou:20211014114937j:image


f:id:oomorigijyou:20211014115014j:image

金沢文庫で知られる称名寺の剣阿はかなりの聖教を遺しているが、この千葉の大日寺で書写したものも多いようである。

特に天部に関しては興味深いものが多い。

聖天さんに関しての資料も多く、いずれ善龍庵の修行を全て修めた方向けに、その口伝をもとにした修行会を開きたいと思っている。