大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

感想

遺体の夢と再生

毎週施餓鬼供養されているご同行からメールをいただきました。 大森義成先生先生こんばんは。シリソワカ。 お礼が遅くなったのですが、 実は年末にお陰がありました。 ここ1年半くらい会社での中途半端なポジションにモチベーションが上がらず、年齢的な焦り…

親の信仰が子に響く

こういう感想をいただきました。 親の信仰が、自然に子供に響きます。 ありがたし ありがたし ここから頂いた感想 最近では私が神棚とお仏壇に手を合わせる姿を見て、子供が《私もやってみようかな、教えて!》と自発的に神棚とお仏壇に手を合わせご真言をお…

他者は自分の写し鏡

この方は、ご実家の親御さんのお悩みでした。まずはご自身の心を整える提案をしました。その体験談です。 大森先生、実家の親にも少し進展がありました。 精神科の受診で担当医に、イライラが抑えられなくて(連れ合いに当たってしまう)ことを認めたとのこと…

悩みがあるとき その2

悩みのある時は、まずはそれに伴う、不満や怒り、不安、悲しみ、焦燥感などの感情があることを認めます。それを自分が感じていることを許可します。なぜなら、感情は生きる上で必要な機能だからです。 それを否定しないで、ただただ、シリソワカです。 そし…

年末修行の感想

大森義成先生 いつもご指導賜り、ありがとうございます。 新年も、お施餓鬼供養をご継続賜りたく、 よろしくお願いします。 最近、独部法をさせていただいてから、 心がスッキリして、 悪いものが取れて、 いいことが起きているように思います。 罪禍やトラ…

修行は「からだ」で感じる

真言密教は印契を結ぶように、「からだ」を重視します。 修行は「あたま」で考えてもあまりすすみません。 それより「からだ」で感じることが大切です。 それが難しいという方も多々いますが、それはいままで意識していなかったからです。 これからは心がけ…

自らの修養が他に及ぶ

この方はいつも熱心に善龍庵の行事に参加されています。高尾山や稲荷山でも修行されているそうです。自分の精神修養が深まると、周りにも自然に影響が及んで変化が起きますね。 ここから頂いた感想 大森先生いつもお世話になっております。この度納め万霊供…

先生、なぜわかったんですか⁉

私にはわかりません。仏さまのお計らいですね。 すべての人間関係に必要なのは、物理的にも心理的にも適切な距離と間です。 他者を変えることはできません。 自分を調えていると自然に他者が変化することはよくあります。 この方の場合は、まずはモヤモヤし…

信仰というバックボーン

ご多忙中のところ大変失礼いたします。 いつもお世話になっております。 先日の滅罪会もご指導、そして結願をありがとうございました。 今年の万霊総供養で、大森先生とのご縁が3年目に入ります。なんだかそんなに月日が流れてるとは、振り返るとあっという…

継続して信仰は深まる

今年も一年間ご指導頂き、誠に有難うございました。 申込みメールの返信に書いて下さる修行や供養のコツ、心構えなど、とても有難く思っています。 延三七歳大事の勤行も、何とか途切れず出来ています。(朝が弱い為、どうしても帰宅後夜になってしまうのです…

母のお参り 私のお参り

豊川様に曽祖父の代から参拝されている方からの感想です。 親に連れられての小さいときのお参りが、大きくなってから花ひらくものです。 いま社会では宗教の二世問題が取りざたされてます。子供を苦しめるのは押しつけであり、信仰とは言えません。 親から強…

人生の大波小波に耐える力

この方は、若いときから、いろいろとご苦労ありましたが、 自分のペースで継続して修行、ご供養されています。 人生に大波小波、紆余曲折はつきものです。 これはすべての人に言えます。 それに耐え、苦難にも付き合っていける力をもたらすのが信仰です。 各…

罰メガネを外すと。。。

お火焚き祭の写真をしきりに撮っている人が、ほかの参拝者に「ご眷属が怒っている」とたしなめられているのを聞いて、この方も写真をとっていたので怖くなったそうです。 その程度で、多忙なご眷属は怒りませんが、祭祀に集中するほうが望ましいでしょうね。…

延三七歳大事の功徳

私の親はちょうど2年前の今頃に血液の癌が判明し、そこから今まで辛い化学治療を続けています。 少し前まではとてもネガティブで、「なんで私ばっかり」「なんでこんなことになったのか」「なんでご先祖さんは助けてくれへんのか」などと言ってよく塞ぎ込ん…

カクンとくる読経

真言宗で菩提寺がない方の、お父様の御法要を修させていただきました。 お経は高からず低からず、緩急をつけずに単調に唱えるのが基本なので、 聞いていると眠くなるものです。 興味深い感想を頂いたので、許可を頂きご紹介します。 ここからいただいた感想 …

陰ながらできること

何事かあったとき私たちは無力ではない。 ただ茫然と過ごすのではなく、 信仰あるものは陰ながら、ひたすら祈ることだ。 ここからいただいた感想 お施餓鬼の申込みをお願いしたく、連絡致しました。下記に申込み記載を致します。その前に経過のご報告ですが…

父を許して

滅罪会に出てくるテーマの一つが「親を許す」 なぜなら、親との関係からの影響は良かれあしかれ、大なり小なりあるからです。 そして、同時によく伺うのは「親が許せない」です。 私は、無理に親を許すべきであるとは思ってません。 様々な問題や事情で親を…

精進は実る その2

善龍庵 大森義成 先生こんにちは。御多忙の中、秋季彼岸会申込み要項送付を有難う御座います。先生のブログに掲載される皆様のお話や、先生の御法話、お写真などを毎日拝見させて頂きながら、心が丸くなったり、身を引き締めたり勉強になったりしております…

精進は実る

この方は、長く当庵で修行やご供養を修められてきました。 その間、さまざまな困難がありましたが、信仰を続けられ、時間はかかっても、それを乗り越えてこられました。 この方の御精進の賜物です。 ここからいただいた感想 ありがとうございます。大森先生…

ご先祖様に心は通じている

次の感想をいただきました。 コロナの後遺症が続きしばらくぶりに、ご供養を再開させて頂くのですが、このタイミングでとても不思議な事がありました。 体調も落ち着き、お申し込みさせて頂こうとしたタイミングで、長年叔母が持っていたという過去帳が私の…

伏すこと久しきは飛ぶこと必ず高し

菜根譚の中に「伏すこと久しきは飛ぶこと必ず高し」(長い期間にうずくまって力をたくわえていた鳥は、ひとたび飛び立つと、必ず高く舞い上がる)という言葉がありますね。 私も身をもって体験しています。万年お寺の小僧(いまでも)ですが、そこで鍛え上げ…

南無稲荷大明神 シリソワカ

南無稲荷大明神シリソワカ 稲荷山参拝の感想をいただきました。 不思議な感応はありますね。 ここからいただいた感想 先日8月13日に、伏見稲荷大社へ参拝させて頂いた際、 眼力社様で、何気に目についたお土産(ミニ座布団)を購入したのですが、 その数日後、…

供養と笑顔

善龍庵 大森義成先生 いつもお世話になります。 不動明王修行会及び8月には旧盆に合わせての盂蘭盆会大供養会も修させて頂きました。ありがとうございました。 修した後になんだか笑顔になっている自分がいました。ありがたいことです。 また、秋季彼岸会を…

ありのままにお任せする

人間迷うのは当たり前です。だからこそ神仏に心をひらき、自分に素直になる。ありのままにお任せする。これが自分への祝福なのです。 焦らずに地道に修養を続けると菩提の華が咲きます。そして実を結ぶのです。シリソワカ ここからいただいた感想 大森義成先…

共に安らかになる祈り

ブログの記事の感想をいただきました。この祈りはわたしたちも、亡き方々もともに安らかになります。 ここからいただいた感想 8月22日のブログで、 「○○さんが安らかでありますように」という、 祈るときの念じ方をお教えいただき有難うございます。 自分の…

修行の感想

大森先生 こんにちは。 いつもありがとうございます。 お忙しいところすみません。 以前にもお話しさせていただきましたが、今回これまでさせていただいたお行についての感想の報告をさせていただきたくメールいたしました。 まず何よりも最初に申し上げたい…

随喜の実践

感想をいただきました。この方は随喜の実践をされてますね。 それだけで大きな功徳を積みます。 ここからいただいた感想 大森先生 お忙しい中有難うございます。 お施餓鬼供養、お世話になります。 宜しくお願い致します。 最近、先生のブログのお写真が本当…

うしろどのだいじ の感想

面白い感想をいただきましたので、ご紹介します。 先日の後戸の大事のブログ記事を興味深く読ませて頂きました。 もう20年近く昔の話なのですが、ある八幡宮の関係者とお話しする機会がありました。しばらくの期間、拝んで願い事が叶わないと思ったら社殿の…

不思議な夢

大森先生 オーストラリアの◎◎です。いつもありがとうございます。 今までになかった不思議なことがありました。それは、人生で誰かに謝った夢を見たことがなかったのですが、つい先日初めて見ました。但しよく見ると、自分が自分自身に謝っている夢で、お互…

いつの間にか変化している

大森義成先生いつも供養や修行で大変お世話になっております。再び猛暑の日々が続いておりますが、お身体の方は大丈夫でしょうか。先生のご健勝を心よりお祈り申し上げます(シリソワカ)。この度メールをしましたのは、改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思…