大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

気づき

親の信仰が子に響く

こういう感想をいただきました。 親の信仰が、自然に子供に響きます。 ありがたし ありがたし ここから頂いた感想 最近では私が神棚とお仏壇に手を合わせる姿を見て、子供が《私もやってみようかな、教えて!》と自発的に神棚とお仏壇に手を合わせご真言をお…

ご同行とともに

大森先生シリソワカ 「星に祈る会」の次第をありがとうございました。場を整えて、始めます。 先日、滅罪の修行中に応援されている感じがフッと伝わってきました。 ご神仏や大森先生だけでなく、ご同行の方や大森先生のブログを読まれた方からの応援のように…

悩みがあるとき その2

悩みのある時は、まずはそれに伴う、不満や怒り、不安、悲しみ、焦燥感などの感情があることを認めます。それを自分が感じていることを許可します。なぜなら、感情は生きる上で必要な機能だからです。 それを否定しないで、ただただ、シリソワカです。 そし…

悩みがあるとき

悩みにとらわれるのは、無理もないことです。 それを何とかしようとすると、よけい悩みが深まることがあります。 まずは神仏に手をあわせ、ほんの少しでも預けてみるのも良いかもしれません。 (ぜんぶ預けなくてもよいのです。手元に置いときたい悩みは、近…

妻へのシリソワカ

大森義成 先生いつもご指導いただきありがとうございます。先生から教えていただいた「シリソワカ」を実践してもう数ヶ月、1年以上?になります。夏くらいからは、なかなか朝の布団中や夜寝る前のまとまった時間がとれず、行き帰りの通勤時に家族やご縁ある…

自らの修養が他に及ぶ

この方はいつも熱心に善龍庵の行事に参加されています。高尾山や稲荷山でも修行されているそうです。自分の精神修養が深まると、周りにも自然に影響が及んで変化が起きますね。 ここから頂いた感想 大森先生いつもお世話になっております。この度納め万霊供…

先生、なぜわかったんですか⁉

私にはわかりません。仏さまのお計らいですね。 すべての人間関係に必要なのは、物理的にも心理的にも適切な距離と間です。 他者を変えることはできません。 自分を調えていると自然に他者が変化することはよくあります。 この方の場合は、まずはモヤモヤし…

信仰というバックボーン

ご多忙中のところ大変失礼いたします。 いつもお世話になっております。 先日の滅罪会もご指導、そして結願をありがとうございました。 今年の万霊総供養で、大森先生とのご縁が3年目に入ります。なんだかそんなに月日が流れてるとは、振り返るとあっという…

施餓鬼供養の功徳その240

早いものでもう師走、月に一度お願いしております施餓鬼供養も今年はもう最後となります。 辛いこと、不安なことなども多々ございましたが、こうして毎月供養の場に参加させていただけるのも天尊のお導き、そして大森先生の御指導のおかけです。 本当にあり…

気に病むまえに

何か心配ごとがあれば、それが常に気になるのは自然なことだ。 なぜなら、そういう風にできているからだ。 中には「ケセラセラなるようになるさ」という人もいるだろう。 人それぞれ自然なことなので、良い悪いはない。 ただし、どうしようもないことが気に…

父を許して

滅罪会に出てくるテーマの一つが「親を許す」 なぜなら、親との関係からの影響は良かれあしかれ、大なり小なりあるからです。 そして、同時によく伺うのは「親が許せない」です。 私は、無理に親を許すべきであるとは思ってません。 様々な問題や事情で親を…

精進は実る

この方は、長く当庵で修行やご供養を修められてきました。 その間、さまざまな困難がありましたが、信仰を続けられ、時間はかかっても、それを乗り越えてこられました。 この方の御精進の賜物です。 ここからいただいた感想 ありがとうございます。大森先生…

唯、拝むのみ

私のできることは、唯、拝むのみ。 あとは神仏にお任せ。 神仏のみ心のままに。

ご縁を通じて気づきあう

ご供養を通して得た気づきのメールをいただきました。 仏縁尊しありがたし シリソワカ 善龍庵 大森先生 ご同行の皆様のご意見にもあるように起こるべくして起こり、自ら鬼になるようなことさえもご神仏の計らいなんですね。 泥水を知るからこそ手を合わせ華…

どうしようもないとき

人間、生きていると自分の力のおよばない、「どうしようもないとき」が何度か訪れる。 密教の精神修養を志す方は、そんなときには、合掌して、ただ真言を念誦することだ。 多くは、時間が解決することがある。 それまで耐えるために、ひたすら自分の信じる仏…

人間関係の悩みの対応法

人間関係の悩みを抱える方は多いと思う。いや、ほとんどすべての方にあると言っても過言ではない。 対応策は現実的、法的なものから、様々であるが、 精神修養の観点から少し参考になりそうなものを紹介する。 まず、その時々の自分自身の気持ち、感情はジャ…

聖天真言千遍念誦の体験

大森義成 先生ブログの更新をいつもありがとうございます。私は今年の1月くらいから先生のブログを拝読し始めたのですが、先生のブログを読んで、驚くほど自分自身が良くなったと思えます。今回はその感謝と感想を、拙いながらも書かせて頂きます。私は長年…

6月陀羅尼報恩会の感想その4

たいへんな立場にあるとき、御恩のある神仏や守護霊、ご先祖など報恩の修行をしてつながると、多くの存在が自分を支えているのに気づくでしょう。 ここからいただいた感想 大森先生、お世話になっております名古屋の〇〇です。 修行法送って頂いてから、今日…

5月滅罪会の感想その21

修行がおわっても、こころの奥底に影響していますので、あとでさまざまな気づきがおこることはよくあります。 これもこの修行の特色です。 だから修行中になにも感じないという人がいますが、それはそれで大丈夫です。 適切な時期がくると気づきが起こります…

霊的な脅しからの脱出 その2

霊的な脅しからの脱出 - 大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵 この話には後日談がある。 それは佐伯大僧正からお伺いした話 『真言密教の霊魂観』(朱鷺書房刊、絶版)の中にも少し触れられている。 大僧正がこのような話を本に書いたのは、その霊能者が亡くな…

令和4年 不動明王修行会の感想その35

大森義成先生お世話になっております。東京の○○○○○です。昨日、4回目のご縁日修行を無事に終えることができました。ありがとうございました。 修行を始め、額から目にかけてあった重い感じもなくなり、視界がクリアになりました。眠るときは1日の無事を感…

慈悲のこころと蜘蛛の糸

自分を救う蜘蛛の糸は、自分の慈悲のこころです。 カンダタは救いを自分で放棄しました。 私たちに今できる具体的で小さな慈悲行は何でしょうね? ここからいただいた感想 大森義成先生 お世話になっております。いつもありがとうございます。 東京都の〇〇…

気づきとつながり

本当に自分自身を救うのは、自分自身の気づきと仏さまの御加護と法友とのご縁です。 ここからいただいた感想 ご同行の皆様の尊い感想を、折に触れてご紹介下さりありがとうございます。 共感すること、気付かされること、反省すること…と様々ですが、いずれ…

霊のなやみの話

『弘法大師のみ教えを慕って 因縁・霊 ー恐怖からの脱出』から その1 - 大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵 『弘法大師のみ教えを慕って 因縁・霊 ―恐怖からの脱出』から その2 - 大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵 私は霊のなやみを否定しているのではな…

5月滅罪会の感想その6

懺悔をして、自分の本心に気づくと、自分でいられます。 そこからどのような選択もできます。 ここからいただいた感想 善龍庵 大森先生 この度は滅罪会2回目をありがとうございました。 直前に実家の庭木の伐採が決まったこともありそのことと祖父の妹の法事…

気づきが増える

善龍庵 大森先生 先日、東寺の前を車で通りました。 五重塔がかっこよくて家に帰ってからホームページを見ていましたら「天」のページで 「仏教では、天は、人間と仏の間に存在します。 地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天、声聞、縁覚、菩薩、如来という、…

病気で直す

私たちは病気になったら治そうとします。 それは自然なことです。 それとともに「病気で直す」ことを心がけることも大切です。 体験をもとに心の持ち方、物事の見方を直していくのです。 それは今の自分を否定するのではなく、様々な心の持ち方や物事の見方…

令和4年 不動明王修行会の感想その32

まとまりのない文章で大変失礼いたしますが、不動明王法修行会の感想を、お伝えいたします。 未熟ながらも修行を勤めていくと、雑念がやけに邪魔をする日、お側にお不動様や仏様方を強く感じる日、過去と今の自分の至らなさが浮かんで懴悔する日などが混在し…

許せないとき

「許さねばならない」わけではない。 それは、さまざまな理由があるから。 その時は許せない今の自分に気づき、認めて、シリソワカ。 もしも、許せないことに罪悪感を感じたら、それも認めて、仏様に懺悔してあずけてしまう。 あくまでも、許しは、いまの私…

行くも帰るも留まるも

私達の人生は常に順風満帆ではない。 大波小波のときもあれば、凪のときもある。 そのとき、進むも、来た道を帰るも、留まるもよし。 大事なのは神仏とともに有る体感である。 これは修行を重ねると自然にでてくる。 同行二人の御詠歌に曰く あなうれし、行…