大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔 供養 祝福 報恩 敬愛 (c)善龍庵 大森義成 禁無断転載

春季彼岸会

令和6年春季彼岸会のご案内

帰依三宝 善龍庵では、来る令和6年3月21日(木)から23日(土)まで春季彼岸会(しゅんきひがんえ)を修行します。 春季彼岸会では今年は「宝楼閣法(ほうろうかくほう)」と金剛般若経読誦を修して、各家ご先祖、水子など、三界万霊、戦没者など有縁無…

彼岸供養と墓参の不思議

大森義成先生 平素お世話になっております。 春季彼岸供養の際には祖母のご供養について、お導きを頂きまして、ありがとうございました。 供養修行日の初日から祖母が意識の中に出てくることはなくなり、先生のお力添えにより、祖母の浄化が進んだことを実感…

修行と供養の諸感想

善龍庵大森義成 先生前略、いつもご指導ありがとうございます。さて、このたびは、春季滅罪会を厳修していただきありがとうございました。自行もおかげさまで無事結願となりました。ご本尊様、御神仏様および先生ならびに御同行の皆様に篤く御礼をもうしあげ…

令和5年 春季彼岸会の感想その14

大森先生、シリソワカ。 お世話になっております。 春季彼岸会ならびに不動明王修行会に参加させて頂きありがとう御座いました。 お陰様で、お彼岸の期間それぞれの故人に思いを向けて、心ゆくまで拝む事ができました。 そしてお彼岸の中日は私の誕生日だっ…

令和5年度 春季彼岸会の感想その13

大森先生シリソワカ いつもお世話になりありがとうございます。 3月は、彼岸会参加させて頂きありがとうございます。 お陰さまで無事行うことができました。 大森先生並びに御同行の皆様に心よりお礼申し上げます。 そして御同行の方から気づきをいただきま…

令和5年度 春季彼岸会の感想その12

大森義成先生 大森先生、シリソワカ。 いつもお世話になっております。 お礼がすっかり遅くなりましたが、春季彼岸会を厳修頂き誠に有り難うございました。 この度はご先祖さまと土地の神様を供養させて頂きました。 大変不思議なことですが、修行のあいだ、…

令和5年 春季彼岸会の感想その11

大森 義成 先生 シリソワカ 過日は、彼岸会でも先生には大変お世話になりました。 先日の彼岸会では、家内の所有する、現在店子のいないマンションの賃貸物件の屋敷神などの供養も お願いさせていただきましたが、彼岸会の直後に、新しい店子さんが決まりま…

4月滅罪会の感想その2

客塵煩悩といい、迷いは外からくるお客さんみたいなものです。 心の霧も、塵も外から来ます。 霧がはれれば、その人の心の宝珠が現れます。 (滅罪会は19日からですが、申し込みの方にすでに修行法を送ってます。各自適宜、前行を初めてかまいません) こ…

令和5年 春季彼岸会の感想その10

大森義成 様お世話になっております。春季彼岸会の感想ですが、宝楼閣根本陀羅尼を唱えていると楽しくなりました。姉も同じように楽しくなったそうです。供養が届いたと思いました。 また、墓で線香を手向けていると暑くなってきたところに涼しい風が吹いて…

楽しい真言念誦

大森義成 先生こんにちは。春季彼岸会、不動明王修行会では大変お世話になり、ありがとうございます。滅罪会申し込み要項をいただきたくお願い致します。春季彼岸会ではご先祖さまが一緒にご真言を唱えてくださっていると思うと嬉しくご真言が私の中の宇宙に…

令和5年度 春季彼岸会の感想その9

まさに供養するものは供養されますね。 大森先生 いつもありがとうございます。 滅罪会の申込要項をお送りいただきたく宜しくお願いします。 また、先月の春季彼岸会もありがとうございました。 今回の彼岸会では、自分が思ったより自然に妻と私の両家のご先…

仏さまの方を向く

大森先生シリソワカこんにちは。名古屋市の〇〇です。遅くなりましたが、春季彼岸会、不動明王修行会では大変お世話になり誠にありがとうございました。年度末で慌ただしかったものの、3月は始終仏様のことばかり思って、嬉しい楽しい心地で過ごせました。そ…

令和5年 春季彼岸会の感想その8

善龍庵 大森先生 この度は春季彼岸会及び不動明王修行会に参加させていただき、ありがとうございました。お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。 彼岸会では、ご先祖様と実家の土地にお参りさせていただきました。昨年引っ越しをした際、実家の片付けが…

令和5年 春季彼岸会の感想その7

大森義成先生 いつもお世話様になっております。 この度も春季彼岸会に母共に参加させて頂き有難う御座いました。彼岸明けの24日まで拝んでよいとの事でしたので有り難く拝まさせて頂きました。 記事の施餓鬼供養雑感と供養の真言念誦にて御施餓鬼供養、唱え…

令和5年 春季彼岸会の感想その6

神仏、ご先祖と私たちの世界は循環してますね。よい循環を心がけましょう。 大森先生おはようございます。この度、春彼岸の御供養を厳修下さいまして誠にありがとうございました。 御供養中何ともいえない至福感があり、ありがたいなという気持ちがわきあが…

真言陀羅尼のリズム

大森先生 いつもありがとうございます。 1週間休んでおりましたが、再度次回4月2日からのお施餓鬼の申し込みをいたします。 先生のブログ(とご同行の皆様の感想)からはしょっちゅう気づきをいただいています。 本当にありがたいです。 おかげさまで、お…

令和5年 春季彼岸会の感想その5

大森先生シリソワカ 今回初めての彼岸会に参加させていただきました。 長年、ニュースなどの影響で信仰への恐怖があり(今も少しあります)、自身としては40歳を超えて初めての信仰を得ました。 ″供養されるものは供養される″ 信仰のある生活とは良いものだ…

令和5年 春季彼岸会の感想その4

善龍庵大森義成 先生 シリソワカ拝啓、桜もはや満開となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。さて、このたびは、春季彼岸会を厳修いただき、まことにありがとうございました。自宅等での実修も25日朝に補欠をして無事結願といたしました。 ご本尊様、御神…

令和5年 春季彼岸会の感想その3

善龍庵大森義成先生 大森先生シリソワカ この度は、施餓鬼供養と春季彼岸会の厳修、ありがとうございました。 ご真言をつっかえたり抜かしたりと拙い読誦も多々ありましたが、お施餓鬼とお彼岸のご供養ができ、いまは安堵感に浸っております。 ご神仏と大森…

令和5年 春季彼岸会の感想その2

悩みは適切な間をとるべし 心の中でも 現実においても 大森先生シリソワカ こんにちは。 この度は春季彼岸会の厳修を誠にありがとうございました。 一昨日、祖父母のお墓参りと曾祖母の供養に名古屋へ日帰りで行って参りました。 いただいたお次第も持ってい…

令和5年 春季彼岸会の感想その1

供養したつもりが供養されている。そこに気づく。これが善龍庵のご供養です。 大森義成先生 こんにちは。お世話になっております。 この度は春季彼岸会に参加させていただき、誠にありがとうございました。 お次第をいただいたころから、お会いしたことがな…

令和5年度 春季彼岸会結願

仏縁尊しありがたし 令和5年度春季彼岸会は昨年より多くの御同行のご参加を頂き、 本日無事結願しました。 なお、彼岸会の供養法は、明日の彼岸終了まで拝んでいただいて大丈夫です。 供養するものは供養される。この期間はそれぞれの気づきがあったと思い…

仏さまをより近く感じる

手を合わせ真言陀羅尼を口で唱え、その音を耳で聞き、御影や護符を仰ぎ視て拝む。 全身で拝むと仏さまはより近く感じます。 大森先生シリソワカ 大変お世話になっております、◎◎でございます。 大宝楼閣陀羅尼、最初とても難しく感じたのですが、 解説をあら…

供養の真言念誦

浄厳大和尚の高弟、蓮体和尚が記した『宝篋印陀羅尼和解秘略釈』という本のなかに、亡くなられた方のために真言陀羅尼を唱えるときの心得が書いてある。 まずどうして、真言陀羅尼が供養になるのかというと、 六大無碍のゆえに、四曼不離のゆえに、三密加持…

宝楼閣陀羅尼の功徳その2

この陀羅尼は滅罪の功徳が大きい。 『大宝広博楼閣善住秘密陀羅尼経』には 「もし受持すること有らばよく一切の罪業を除いて身清浄なることを得」 「もしわずかにこの陀羅尼を聞かば、一切の悪趣(※地獄、餓鬼、畜生)を除滅し、わずかにこの陀羅尼を憶念す…

令和5年度 春季彼岸会開白

仏縁尊しありがたし 宝篋印陀羅尼法と宝楼閣法を修法して春季彼岸会を開白しました。 そして本日は高祖弘法大師の正御影供です。 永平寺名古屋別院、宝篋印塔と河津桜 撮影Mさん

彼岸にて

大森義成先生、こんにちは。 いつもお世話になっております。 彼岸会の入金をしてまいりましたので、またお手すきの時にご確認ください。 彼岸会への参加を決めてすぐ、主人の仕事の状況が良くなりました。ここ数年、働きすぎで体を壊してしまうのではと心配…

不思議な夢をみる

大森先生 シリソワカ 昨日春季彼岸会の申し込みをしたからでしょうか、懐かしい、不思議な夢を見ました。 昨日は、一人だったため入浴剤の代わりに出雲大社で頂いたお塩をひとつかみ入れました。 いつもは温泉が好きでした長男を想いながら「気持ちいいね」…

令和4年 不動明王修行会の感想その31

大森先生 いつもたいへんお世話になっております。 東京都の〇〇〇〇です。 現在は令和4年不動明王修行会を修行させて頂いています。 春期彼岸会も修行させて頂きました。 自分の加行として、 不動明王守護法を毎日お唱えしています。 最後のところに、 「不…

令和4年 春季彼岸会の感想その17

春季彼岸会ではお世話になり、ありがとうございました。 私の両親は神仏に対する信仰心というものがまるで無い人でしたので、彼岸会の度に「ご先祖様たちと一緒に真言を唱えるイメージ」を描けず困っていました。 そこで、「高野山奥の院の灯籠堂の中、数え…