大森義成 滅罪生善道場 密教 善龍庵

懺悔、供養、報恩による滅罪生善の道場です

盂蘭盆会と施餓鬼供養

当庵では、毎日施餓鬼供養を修して万霊の供養をおこなっている。

本来、施餓鬼供養は毎日おこなうものだが、ほとんどの寺院では盂蘭盆会にあわせて、その時だけおこなっている。


盂蘭盆会と施餓鬼は本来別の行事だ。


目連尊者の母が餓鬼うまれていたのを救ったのが盂蘭盆会の故実なので、それにちなんで餓鬼の苦しみを救う施餓鬼を修するようになったようだ。


施餓鬼供養は苦しんでいる沢山の餓鬼などを供養する。その功徳はとても大きい。だから、ご祈祷が効かないときや、運命がふさがっているとき、変死者の供養、霊の悩みなどは施餓鬼供養をするとよい。


盂蘭盆会の先祖供養に施餓鬼を修するのは、その大きな功徳を先祖に回向するためであり、先祖が餓鬼になっているからではない。(なかには、そういう場合もあるかもしれないが)

 

東寺の杲寳師は仏教の中でも最も重要な修行は「布施」であり、その中でも最も重要なのは施餓鬼であると説かれた。

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com

 

 

oomorigijyou.hatenablog.com